teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


依田敏郎の帝国興信所の紳士録

 投稿者:被害者  投稿日:2018年 5月13日(日)17時15分47秒
返信・引用
  自作投稿故に何の裏付けも無い単なる宣伝誇示目的に投稿掲載された紳士録。

業務実績も無ければ何より所得申告がほとんどなされてない。

それでも年収3000万円あると語っている詐欺師掲載の紳士録データ。
 
 

依田敏郎・高利回り投資詐欺の手口

 投稿者:被害者  投稿日:2018年 5月11日(金)12時53分29秒
返信・引用
  依田敏郎は複数の高利回り投資案件を募集していたが、成功例が無いことから投資家をモデル事例として特別契約するなどと説明し、今後の為に形式的な契約書を残したいという説明をするが、これを逆手に後になってこの契約書に従い、①契約解除②追加資金請求③損害賠償請求をするというのが手口でほとんどの投資がこの手口で全額騙し取りれていることが判明した。

いずれも契約内容は何ら実施されず、手下を上位代理店として利用し、未実施の原因をその秘書である代理店に責任転嫁することで自らは責任が及ばないような内容証明を送りつけてくるのが初期段階で、その次に追加資金を請求してくるがこの理由不明の追加資金を短期間にしはら歩無い場合には、添付書類のような「解約通告書」を内容証明として送りつけてくる。
同時にその内容は、違約金の請求と損害賠償金の全額請求をしてくるという悪質な詐欺の手口である。
 

依田敏郎の経歴詐称事実

 投稿者:被害者  投稿日:2018年 5月 9日(水)19時59分24秒
返信・引用
  ルビコン株式会社の本社より招聘された経営コンサルタントを自称する 依田敏郎 より、同社の海外取引のスペシャルチャージを利用すれば安価に輸出入できると持ちかけられ、同時に海外取引で有利なビジネスの相談が入るので特別にコンサルとして斡旋出来る等の説明をして架空の海外投資に騙された被害者が出ています。

依田敏郎 (ルビコン本社採用 国際部責任者兼務)
ルビコン株式会社専属経営コンサルタントとして、同社の経営者教育担当として本社役員より招聘され、社会経営改革セミナーから貿易取引責任者や総務部人事採用などの業務範囲のコンサルタントをしていると説明。

海外投資は一口500万円 発電ビジネスのリース業 や本社イギリスとの貿易に関する事業等多数あると説明。

ルビコン株式会社の社内事情に詳しく精通していることから上記の説明を信用して騙され出資した被害者が出ている。

経営コンサルタントとして数多くの業務改善実績評価で、本社より特別表彰を受け、報償金300万円を受けるなどの功績を宣伝していた。


(事実関係)
当時、依田敏郎は自称するような同社の役員や契約する経営コンサルタントではなく、一般採用された社員である。

また、同社内では宣伝するような実績もなく、社員としての期間は短い。

経歴上に示すような法人登録の学校経営の実態もなく、総理大臣の私設第一秘書勤務の勤務先も見当たらないばかりか、総理大臣私設第一秘書という肩書そのものも該当存在しない。

事実調査すれば上記の様な経歴詐称を並べたてて素人騙しの投資家を募集しており、勤務先の知名度や信用度も悪用するなど詐欺師が用いる手口そのもの。

詐欺目的の投資案件は何れも年利約50~75%で投資対象は保証物件となり転売可能など、同じ謳い文句でネットやビジネス雑誌に投資家募集の記事を投稿していたもの。これに問い合わせして投資した被害者は全国に及ぶ。

依田敏郎は法人事務所の登録が見当たらず、脱税用に儲けたトンネル会社以外は自宅(練馬区大泉町5-31-16)を事務所として展開しており、面談場所は決まって、大泉学園駅前「喫茶白鳥」を利用していた。

投資した契約案件のほとんどは「解約通告」なる内容証明を送りつけて一方的に解約するという手口であり、実施された例を見ない。計画してこうした解約して責任回避をすることで合法的に
見せかけて投資額を取込むという開業屋詐欺の手口である。

被害者は依田敏郎の経歴詐称により騙されたもので、こうした経歴詐称を常用するのが依田敏郎の詐欺手口である。
 

被害者

 投稿者:被害者  投稿日:2018年 4月30日(月)20時45分29秒
返信・引用
  依田敏郎は自称・国際ビジネスコンサルタントを語り年収最低3千万円というも税務申告の実態もなく他人名義の銀行口座を指定するなど故意の脱税をして繰り返しており、所得税法違反の常習犯と推定できる。

本人が初対面の方に説明していた紳士録に記載のある信用の高い証明であるが、これも自己申告で実態など確認されていない紳士録内容で騙しの利用していたもの。
 

ルビコン株式会社専属コンサルタント

 投稿者:被害者  投稿日:2018年 4月17日(火)19時07分47秒
返信・引用
  依田敏郎は何ら実績が無いことから、大手コンデンサメーカーのルビコン社の知名度を利用して相手を信用させていたようです。

本人の説明ではルビコン株式会社より役員として招聘され、経営者教育を任されたような説明をし写真を見せていました。また、海外取引の責任者としても任されているので外国から多くの投資案件が入るので、有利な投資を案内できるような説明をしていたようです。

実際には、依田敏郎は同社の社員として働いていたので組織内部に関しては知識があることからそれを悪用していたようで、役員とか専属コンサルタントというのは嘘のようです。経歴詐称を繰り返しながらコンサルタントの大先生を演じる劇場型の詐欺を繰り返していたもの。


(劇場型詐欺 演出家 著述家 演劇作家 シナリオ 依田敏郎 横山玲子 東映大泉撮影所)
 

巨額脱税常習の依田敏郎

 投稿者:被害者  投稿日:2018年 4月14日(土)19時39分35秒
返信・引用
  合法的に2500万円を稼ぐ・・これは依田敏郎の開業詐欺の手口で実際に稼いだ不当利得で、成功もしないような架空ビジネスを高利回り投資で騙し、加盟金や相談料を先取りしてそのまま放置して、更には追加資金を要請し、短期の期限内に従わない場合は契約解除するという手口。

これで投資被害者全員が騙されているので完全な詐欺である。依田敏郎のビジネスで成功したものは何一つ存在しない。これでよくコンサルタント業を語れるものだ。
 

依田敏郎の騙しの演出について

 投稿者:被害者  投稿日:2018年 4月 2日(月)05時53分45秒
返信・引用
  依田敏郎の詐欺の手法は、いわゆる劇場型詐欺であり、首謀自らがシナリオを作成し、後は役者として動く手下を何人も付けて演技指導を行い、演出させて騙す・・というもの。

先ずは経歴詐称から入り。一流外資系企業の役員や専属コンサルタントを自称するが、内情に詳しいのは例えば、ルビコン社から招聘された役員というのは作り話で一般社員として働いていたことから内情を作り替えており、連絡先も手口の都度に転々と変えて使い分けるなどしており、事務所も無いので常に大泉学園駅前の喫茶白鳥を面談の指定場所にするなど、架空の中かから演出を加えて騙すというのを得意としていたもの。

これまでの経歴詐称は以下のとおり。

・ルビコン株式会社役員
・ルビコン株式会社 専属経営コンサルタント
・内閣総理大臣私設第一秘書
・大学副学長
・各種学校経営者
・韓国映画プロダクション経営

いずれも経営実態も登記すら無い架空の内容で全部が偽装そのもので、詐欺の手段として
いたもの。

素人投資家はその偽りの肩書に騙されて投資契約したもの。いずれの投資も同じ手口で実施
されず、契約解除通告の内容証明を送り付けるという計画的な詐欺。

また、他人名義銀行口座を指定する等、予め責任転嫁や脱税を企てていた脱税常習知能犯。

(シナリオ作家 依田文夫 横山玲子 演劇作家 著述家 大里美枝子 依田陽子 ルビコン )
 

脱税用の他人名義口座

 投稿者:被害者  投稿日:2018年 3月12日(月)17時33分41秒
返信・引用
  依田敏郎が常時使用している他人名義口座は既に当局に通報されたようです。

数億円の入出金が解明されれば、当然に追徴課税と脱税で有罪にされるだけの巨額証拠になる筈です。

 

依田敏郎事務所に関する

 投稿者:被害者  投稿日:2017年12月 9日(土)22時44分13秒
返信・引用
  大里美恵子という女は詐欺に関与していないでしょうか?  

依田敏郎の事務所スタッフ

 投稿者:調査員  投稿日:2017年11月26日(日)04時33分42秒
返信・引用
  シナリオ書きを職業とする身内の 横山玲子 も詐欺事件に関与しているでしょうか?  

レンタル掲示板
/21